SNSのシェア数はSEOに影響するのか

「FacebookやTwitterのシェア数が多いとGoogle検索で、上位表示する」という意見を耳にするととがありますが、Googleの中の人が「SNSでのシェア数は検索結果に影響しない」と公言していますので、SNSでのシェア数と上位表示には因果関係はありません。
たとえば、コンビ二でアイスがいつもより多く売れた日に、市民プールの利用者が増えたとします。この時にコンビ二でアイスがたくさん売れたから、市民プールの利用者も多くなったのでしょうか?そうではありませんね。この2つの出来事が発生した理由は、暑かったからです。これと同じように SNSでシェア数が多いことと、検索結果で上位表示したことの共通の理由は、「Webページ(コンテンツ)が良質だった」ということだけです。
ただし、間接的な影響はありえます。シェア数が多くなって、多くの人に見られた(露出が増えた)ことで、ほかのWebページ、よりも満足する人が多くなったり、ブログで紹介される数 (被リンクの数)が多くなったりして、上位表示につながる乙とはあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です