SEOが費用対効果が一番いい

SEOの優位性は流入ユーザーの質が高いこととSEOを施したWebサイトが資産になるところにあります。WEBマーケティングでは、SEOが一番費用対効果がいいと言われています。
では、質の高いユーザーはどこからやってくるのでしょうか?
それは自然検索からの流入ユーザーです。どういうことかと言いますと、ある情報を欲しいと感じたユーザーがそのキーワードを検索し、自然と特定の場所に用意されたコンテンツ(ユーザーが求めるもの)へ流入するというものです。最近では、リスティング広告はユーザーが広告だとわかり飛ばす傾向があります。

この集客方法は、ユーザーが能動的でニーズの高い「プル型」と呼ばれます。
一方で、広告やSNSなどの情報提供者側が決めたタイミングでユーザーに情報を伝える形式のことを「プッシュ型」と言います。こちらはユーザーが受動的にコンテンツを認識します。
また、「プル型」で集客されたユーザーは、既にニーズが喚起され能動的に情報を求めているため、商品購入やサービス申込の可能性が高いです。そのためビジネスにおいて「プル型」は重要なものにもなってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です