複雑なホームページ

SEO対策を行う上で、よく陥りがちなのが、検索結果で飛び込んだページがトップページで、お客さんが探している商品やサービスが、すぐに見つからないというケースである。例えば、パソコンを探しているお客さんが「パソコン」という検索キーワードで検索をして、検索結果で上位表示されているパソコンのネットショップに飛び込んだとしよう。 たどり着いたところはお店の「トッページ」で、カメラやビデオなどの商品が目に付くが、肝心の 「パソコン」がみあたらない。どのバナーをクリックしたら見られるのかまったく分からず結局、どこに欲しいタイプのPCが売っているのか分からず、せっかく訪れた お客さんは、また別のPCのネットショップを探しにいってしまうのである。 このように、検索キーワードを経由しせっかくホームページに飛び込んできても、お客さんが何も考えずに次のアクションを取れるようなホームページを用意しなくては、どんどん他のホームページに飛んでいってしまうのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です