検索を行う時はどんな時か

検索を行うユーザーにとって利便性が高いコンテンツとはどのようなものなのでしょうか?利便性の高いコンテンツについて考える時には検索を行うユーザーが「自分の疑問や質問・悩みに対する答え」を求めて検索を行っているのであり、「検索したい!」という気持ちだけで検索を行っている訳では無いということを念頭に入れておくことが大切なようです。具体例を挙げてみましょう。皆さんが自作のコンピューターを作りたいと思いそれに関する書籍を読んでいるとします。隣にはコンピューターの製作に詳しい友人がいます。読んでいる最中に分からない箇所がありました。皆さんはその場で検索を行うでしょうか?迷わず検索を行う方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの方は隣にいる詳しい友人へ分からない部分を尋ね、疑問を解消されるかと思います。このように、何か疑問が浮かんだ場合であっても尋ねて解消する問題であればわざわざ検索を行う必要性はありません。しかし、現実ではこのような「自身の抱いた疑問に対し、迅速かつ的確に解答を用意してくれる」という状況が起こることはなかなかないと思います。何故なら自分が持つ多くの疑問や悩みに関する解答を迅速かつ的確に用意してくれる人が周りにいる環境を作ることはあまりにも困難だといえるでしょう。そのため、多くの人は解答を求めて検索エンジンを使用するのです。中には「検索エンジンを致し方なく使用する」ユーザーも少なからずいる可能性がということは知っておいたほうが良いかもしれません。  

コメントは受け付けていません。