推奨できない要素と属性

HTML4.01は、構造に関わる指定と見栄えに関わる指定といった部分を分けることを目的として作られたと言われています。そのため、スタイルシートで代替えできる要素や属性といったものの多くは廃止されることになっているようです。といっても、いきなりたくさんの要素や属性といったものを廃止するというのは、あまり現実的ではないと言えるでしょう。このHTML4.01が出てきた当時は、スタイルシートに対応できないブラウザが存在したということや、ホームページ作成業界の中で長いことHTMLでの見栄えという点も意識されてきたという事情などもあり、廃止されることになるとは決められたものの、暫定的な手段というものが設けられてきたようです。要素、属性、文法といったものについての詳細なルールを定めた文書型定義と呼ばれるものを大きく3種類用意し、廃止される予定の要素や属性などは「deprecated」という「推奨できないもの」というように指定したとされています。企業向けの文書型定義に従うとすれば、この推奨できない要素や属性というものも利用が可能とされますが、厳格とされるscript DTDにおいては、それらは排除されてしまい、そもそも使用することができないようです。HTML4.01をXMLで定義しなおした「XHTML1.0」でも、ほとんど同じような携帯で引き継がれてるのが、この「推奨できない要素と属性」でしょう。文書型定義の種類によっては、推奨できない要素や属性なども引き続き利用が可能と言われていますが、第一に構造と見栄えという点を分離するという目的があるのであれば、可能な限り使わないという選択をするべきと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。