ユーザー・パターンを理解する

Google Analytics のメニューの中に、ユーザーと呼ばれるような洗濯があります。皆さんが運営されている Web サイトを利用しているユーザー等の特色が読み取れるようなのです。そこには、ユーザー数と、彼らがどのようなユーザーであるのかといったことが確認できるようです。セッション数や、ユニークユーザー数、ページビューサイトの滞在時間や、直帰率、新規セッション率などに加え、ユーザー環境、ブラウザの環境なども含めて、集計できるようです。各項目をクリックすることによって、様々な詳細が得られるようなのですが、様々な数値から、一部に何か極端に偏っているような症状が見られるのであれば 、Web サイトの構築などの検証が、一度必要となってくるかもしれませんね。ウェブサイトを見直しすることは、常日頃から、必要な運営としての必要不可欠な要素であり、ウェブサイトを自身を長期運営する中においては、大変重要なチェック項目となってくるでしょう。ウェブサイトの運営が、実際に成果につながっていくのかどうか、売上につながっていくのかどうか、ということは、全てユーザーからの行動パターンに読み取ることができるなどとも言われています。このような状況を踏まえながら様々なレイアウトや皆さんが、使用するウェブサイトのスキルなどの利用価値における参考資料となるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。